サイトメニュー

選択できる美容整形術

カウンセリング

薬剤の種類や掛かる費用について知っておく

ボトックス注射治療は注射だけの美容整形術なので、傷跡が残ったりダウンタイム等の施術による副作用が非常に少なかったりする事が特徴です。安全で手軽に受けられる事から、多くの方が希望し利用しています。施術は副作用もなく手軽ですが、費用は保険適用外なので全額自己負担になる為、費用も考慮して選択する必要はあります。風邪等の疾病の治癒は基本的に保険が適用され、1〜3割の自己負担で済みます。疾病の治癒目的が保険適用の条件でもあり、美容目的では例え医療施術を受けても保険適用はなく10割負担になります。美容整形術は費用が多くかかるイメージを持たれている方は多いですが、ボトックス治療は数ある美容整形術の中でも手頃な価格である事も選ばれている理由の1つです。1部位2万円から6万円程が全国平均で、頬や目尻、腋等の部位毎で費用は異なります。また自由診療なので、保険適用の様に単位数は定められておらず、その費用設定は各クリニックで自由に設定できます。全国平均から大きく外れた設定をしているクリニックはほぼありませんが、クリニック毎に多少の費用差は同部位でもあります。
ボトックス注射治療は副作用が非常に少ない安全な美容整形術ですが、薬剤の種類によって安全性は異なります。薬剤はボツリヌストキシンと言われる天然のたんぱく質です。ボツリヌストキシン以外にボトックス注射治療で使用される薬剤はありませんが、正規品とジェネリックに分かれています。正規品は医療現場でも使用されてきたアラガン社製を指し、ジェネリックはそれ以外が製造元であるものを指します。副作用の報告が世界中からもなく、日本でも厚生労働省が唯一安全性を認めているのは正規品になります。正規品の場合は、費用は1部位2万円から6万円程ですが、ジェネリックの場合はその半額以下の費用で受ける事ができます。ジェネリックは安全性が立証されているボツリヌストキシンを基に製造されているので、新薬開発よりも安く開発ができます。その分薬剤の費用は抑えられているのですが、同一成分同効果です。確かに安全性については厚生労働省は認めてはいませんが、製造元である各国の安全基準をクリアし、クリニックの医師も治療に使用できる基準であると判断した薬剤です。

Copyright© 2019 メリットだけではなく治療のリスクも把握しよう All Rights Reserved.