サイトメニュー

使用される薬剤を知る

看護師

治療効果やメカニズムを知り正しい選択を

ボトックス注射治療は、ボツリヌストキシンと言う天然のたんぱく質を気になる部位に注入する治療方法です。このボツリヌストキシンには正規品と言われるアラガン社製とジェネリックがあります。アラガン社製は世界70ヵ国以上で安全性が認められており、美容医療現場で使用されています。美容医療に転用される前から医療現場で痙攣治療に使用されていた事もあり、臨床データは豊富にあり副作用もない事がわかっています。ジェネリックは正規品と同一成分同効果なので副作用はないはずですが、世界中から副作用が報告されているのはジェネリックのみです。ボトックス注射治療では薬剤をこの2種類から選べます。ジェネリックは新薬開発費用がない分安くなりますので、施術料金も当然安くなります。正規品であるアラガン社製は1種類ですが、ジェネリックは各国で製造されているので製造元毎に種類があります。当然その国の安全基準をクリアしているのですが、製造国によっては不純物が混じっているなど粗悪品もあります。クリニックは粗悪品や安全性が低いジェネリック製剤は取り寄せていないのですが、粗悪品もある事が安いが安全が確立されていないと捉えられています。日本では厚生労働省は認めているのは正規品のみです。
ボトックス注射治療は様々な美容効果を注射するだけで得る事ができます。手軽で副作用もなく、費用も他の美容整形術より安い事から選択しやすいとして多くの方が利用しています。ボトックスの薬剤であるボツリヌストキシンは、注入する事で筋肉に作用する神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制する効果があります。アセチルコリンの分泌が抑制される事で、筋肉の過度な緊張が緩和されたり働きを抑制したりする事でその部位のみを痩せさせる事ができます。部分痩せというのは人間の構造上不可能な事ですが、ボトックス注射治療はそれを実現できます。足やエラのみを痩せさせる事が可能なので、自分の気になる部位のみを治療する事ができます。ボトックス注射はその名の通り細い注射針を用いるので、施術後も傷跡が残ったりする事はありません。薬剤に副作用はないですが、人それぞれ効果が出やすい出にくいはあるので、少々腫れたり赤みが発生したりする事もあります。個人毎に注入量は異なるので、医師の腕や経験もこの治療には重要ですので、クリニック選びは慎重さが求められます。

Copyright© 2019 メリットだけではなく治療のリスクも把握しよう All Rights Reserved.