サイトメニュー

意外な事実と活用方法

女性

小顔になるメカニズムと新たな可能性

既に多くの人が小顔効果を実感しているボトックス注射ですが、意外なことにボトックス自体に顔を小さくする直接的な働きはありません。元来この薬は筋肉の痙攣を止める保険治療用の薬のため、筋肉の動作を停止させる薬です。エラの筋肉に薬を打つ小顔治療もこの作用を利用してのことですが、ボトックスの効力は咬筋の動作を止めた時点で完了します。そのためもしも咬筋が痙攣して、それを止めるのが治療目的であれば、筋肉の動作をブロックした段階で治療を終えたことになり、それ以外の効果は全て副作用です。そして、生物の体は使用する器官は発達し、使わない器官は衰えるという廃用性萎縮効果と連動しています。ですからボトックスで咬筋の使用を封じますと、後はこの廃用性萎縮効果によってエラがスリムダウンする仕組みです。つまりこの小顔注射は、ボトックスが持つ魅力的な副作用を上手に応用した美容整形治療となっています。実際にエラを小さくしているのは自然現象であり、薬はその切っ掛けを与えているだけに過ぎませんから、自然な小顔を手に入れやすいのです。
痙攣治療なら単に副作用でしかない廃用性萎縮効果を、ボトックスのエラ治療では、小顔目的として見事に利用しているのがポイントです。ただしボトックスの本分は筋肉動作の阻害作用であり、脳からの各筋肉へ届けられる「動け」という命令を遮断することで、その効果を実現します。すなわち、本来なら脳の指示通り筋肉に力が入るところ、ボトックスを打った筋肉では指示が来ないので力が入らず、弛緩したままとなるのです。そして、今ではこの作用に注目が集まり、脳梗塞による後遺症の治療でも利用され始めています。この後遺症では意思と無関係に手足が硬直することも多いのですが、固まった筋肉にボトックスを打てば、筋肉が緩んで硬直を軽減できる訳です。一般病院ではボトックスの治療実績が少なくても、美容整形外科では不動の人気を誇りますから、この薬に熟知しているドクターが豊富に揃っています。適切な治療であれば副作用を殆ど考慮せずに済むため、脳梗塞による後遺症でお困りの際は、美容整形クリニックに相談するという新たな可能性もあるのです。

Copyright© 2019 メリットだけではなく治療のリスクも把握しよう All Rights Reserved.