サイトメニュー

安全性が高い美容施術です

女性

シワ取りや顔の整形に有効

ボトックスは日本やアメリカで認められている成分なので、人体に悪影響はありません。副作用が起きる可能性が低い施術と知られていて、正規のボトックスを使用している整形外科では認定医制度が設けられています。認定医のいる整形外科を選択して、ボトックス注射を受ければ、顔のコンプレックスを改善できます。極細の注射針を使用してボトックスを注入できる整形外科ならば、ピンポイントで狙った箇所に成分を入れてシワの治療が可能です。額や目尻などの細かなところでも、適切な量を注入して筋肉の機能を弱めることでシワができない顔にします。注射による施術なので、打った場所が腫れたり、内出血が起きたりする症状が主な副作用の例です。ただし、腫れや内出血は一定時間が経過すれば、自然な状態に戻るので安心です。シワ取りの目的以外にも色々な治療にこの方法は採用されており、整形外科で受けられる小顔にする治療でも人気の施術です。主にエラに注射すれば、メスで切らなくてもエラの張りを抑制できるので小顔になれます。
ボトックスの施術で一番代表的なものがシワ治療です。シワが目立つと老けて見えるために、改善したいと考えている患者は多いです。ボトックス注入が有効な症状は、眉間や額、目尻などにシワができている場合です。カウンセリングで患者のシワの場所を確認して、どの程度の量を注入するのが適切なのか判断します。シワができている箇所によって、注入するべきボトックスの量が変わりますし、何か所に注射するべきか医者の経験を元に行います。顔にボトックス注射を打った際の副作用は、表情がこわばることや、瞼が重く感じるなどの症状が挙げられます。小顔治療のためにボトックス注入の施術を受けた場合に生じる可能性のある副作用は、噛むときに違和感が現れるものです。小顔治療では咬筋を弱めるために注射を打つので、数日間はものを噛むときに違和感を覚える人がいます。ただし、違和感は少しずつ慣れていくので、大きな問題として考える必要は無いでしょう。治療を受けた日から自由に行動ができますが、無理な運動やマッサージなどは避けたほうが安全です。

Copyright© 2019 メリットだけではなく治療のリスクも把握しよう All Rights Reserved.